なあ、悠詩

物事は常に連続している。
物語は更なる物語を生み果てしなく続く。

それぞれが抱える物語が重なり合うもあればそうでない時もある。
漫画のタイトルにもあるが、社会はまさしく「人間交差点」だ。

青、黄、赤。

黄色の時は踏みとどまればいいのかな?
思い切って踏み出せばいいのかな?

正解などない。
周囲の状況と自分の意思次第だ。

だから人は迷うし悩む。

その行為自体は前に進むための過程であり貴重だ。
そうは思えなくても後に振り返ってみるとそうであることが多い。

でもね、オマエサン。

迷って悩んでズルズルとしていると失われるものだってある。
時には何よりも早めに向き合い対処すべきものもある。
今の物語、そしてその先に生まれる物語を大切にするが為に。

そういうことなのだ。

from オトウサン
—悠詩(0歳5ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人