「旅行記29:ロンドン:11/22」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

なあ、悠詩

ロンドンに到着した。
久々の英語がメインの国だ。
苦手な私でも思わずほっとする。

朝の十時前の到着で、まだホテルにはチェックインできない。
体調が良かったのでバッグを転がしたまま散策することに。

地下鉄が充実しているので、非常に移動がしやすい。
表示もわかりやすく東京のようだ。

タワーブリッジに行った。
ロビンマスクぐらいしか思いつかないが。
歩いても数分の短い橋だったが、強そうだった。
タワーブリッジをかけられている姿を想像する。
痛い、、、 だが、やはり男ならこうのがいいね。
パルテノン神殿でもそう思ったように。

地下鉄でビッグベンとウェストミンスター寺院に。
駅を出てどこに時計台があるのかと思えば真上であった。
思わず口が開く。

さらに地下鉄でバッキンガム宮殿に。
よくテレビで見る正面入り口は人もまばらだった。

やはり地下鉄でピカデリーサーカスに行く。
ショッピングの中心で銀座のようなものだろうか。
特に買い物もないのでそのまま徒歩でホテルに向かう。

ここまでは地下鉄で移動してきたが、歩こうと思えば可能。
それほど中心部に見所が密集しているということだ。

ホテルに到着する。
壁一枚隔てて隣が大英博物館だった。
近いとは思っていたが特に気にしていなかった。
行くつもりはなかったが、ここまで近ければと出向く。
しかもここは無料(寄付制)である。
人は少なく、がらがらだった。

ミイラやロゼッタストーンを見る。
日本のコーナーもあった。
閑散として寂しかったが、私は落ち着いた。

ざっくりとまわってホテルに戻る。
明日のチェックアウぎりぎりまで部屋にこもるつもり。

ちなみに部屋は古くてきたない。
初の共同トイレで共同シャワーだったが、電気がつかない。
電球自体が取り外されているようだ。
結局、シャワーは浴びないことに。
まあ、こんなこともあるさ。

それにしても物価が高い。
ちょっとしたファーストフードで千円ぐらいする。
地下鉄もまともに切符を買えばなんと千円弱ぐらいする。
日本のスイカのようなものがあり、それだと半額程度。
それでも高いと思うが、、、
今までで訪問した国で、群を抜いて高いと感じた。

街は一番清潔で落ち着いていると思った。
ある見方からすると最も東京に近い感覚がする。
地下鉄などもどんよりした雰囲気はない。
あまり緊張感を持たなくてもいいような気がして楽だった。
逆にいえば異国を存分に味わいたければ物足りないかも。

昨日とうってかわって気楽な一日だった。
朝も早くないのでゆっくり休もう。

20071122_518st_29.jpg

男のロマン?、タワーブリッジ。

20071122_561st_29.jpg

ビックベン。家には入りきらない大きな時計だね。

20071122_539st_29.jpg

国会議事堂。ビックバンはこの国会議事堂の一部

20071122_557st_29.jpg

ビッグバンの隣にあるウェストミンスター教会。

20071122_580st_29.jpg

バッキンガム宮殿の正面。がらがらだった。

20071122_613st_29.jpg

ピカデリーサーカスの中心、エロスの像。

20071123_715st_29.jpg

大英博物館。中も空いていて待つことはなかった。

20071122_640st_29.jpg

日本のコーナー。
なお、この博物館は基本的に撮影可。

【小説「源平咲き」108,647文字(原稿用紙272枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

ymmttks02@yahoo.co.jp