「1997年メモリーその②」~置手紙~

なあ、オマエサン。
部屋の整理をしていたら、「教育実習の記録」が出てきた。
小学校の教員免許を取得しないと卒業できない学部だった。
私も数か月間、小学校に教育実習に行って免許も取得した。
結局、一度はあつく志した小学校の教員にはならなかった。
嫌になったのでなく、むしろ教育実習を経て興味は増した。
でも選択したのは他の職業だった。
当時、趣味の音楽制作が仕事になったと浮かれて選択した。
現在も音楽制作は趣味のレベルで気が向いたら行っている。
正確にいうと機材だけが残って、なかなか手が進まないが。
むしろ小説の執筆と落選作品の推敲の方に今は興味がある。
小学校の教員になっていたら一体どうなっていただろうか。
きっと、自滅していたように思える。懸命であればある程。
もちろん、今に至る社会人経験をした後であれば話は別だ。
それなりに伝えたり、選択肢を作ってあげることは出来る。
たぶんだけど。。。
今は、中国という大国を舞台にコンサルの仕事をしている。
現地での人脈と、駆け引きが非常に重要視されるこの仕事。
言葉が似ている部分もあるが、そうでない部分も多いのだ。
微妙な日本人的な言い回しや根回しは、あまり好まれない。
いかにも日本人的な仕事の仕方でやってきた私には難しい。
しかしそんな甘っちょろいことも言っていられない40代。
しっかりと稼いで家族と一緒に歩み、趣味も充実させたい。
遣り甲斐だ、向いているかどうかなんて後付けでいいのさ。
頭で考えすぎていても事態は好転しない。
進めながら考えればいいし、考えながら進めればいいのだ。
ボールを自分に留めておいたままにするのが一番いけない。
判断させるための選択肢をいくつ用意できるか。
それがこの仕事の最も重要なことだと思っている。
大手や外資にいる地頭の良い人種と同じ土俵では勝てない。
いかに状況や人間性に合わせた選択肢を複数用意できるか。
つまり、ロジックではなく、人間力にて勝負するしかない。
長文失礼!
2012-05-10No(1527)st.jpg

プロフィール(概要)
山本 岳志(ヤマモト タケシ)
【フルverのプロフィールはサイト上部より(スマホは下部)】

■男性 ■A型 ■1974年 ■勤め人
■東京都在住 ■山口県生まれ・島根県育ち
■家族 :妻と子(オマエサン)兎(ごんた)ハリネズミ(チャロ)
■趣味 :自己満足の小説執筆

■学校生活
もっぱらスポーツ少年だった。
小学校はずっと剣道。中学校は陸上(短距離)。高校はボクシング(一年半ほど)。

・1987年3月 山口県 下松市立
 中村小学校 卒業
・1987年4月 山口県 下松市立
 末武中学校 入学
 (中学二年次に島根県へ引っ越し)
・1990年3月 島根県 美保関町立
 北中学校(現:松江市立美保関中学校)卒業
・1993年3月 島根県 島根県立
 松江東高等学校 卒業

■学生生活
教員を志して上京。大学へ入学。
三年次、ボクシングでプロになる。戦績はこの一戦のみ(一応、勝ち)。
パソコンを使った音楽制作を開始。バンドも楽器も不要なことに感動。
小学校教員免許を取得して卒業。

・1998年3月 埼玉大学 教育学部
 小学校教員養成課程 教育学専修 卒業

■社会人その1
音楽制作が高じ、ゲーム会社入社。BGMや効果音、音声制作に従事。

・株式会社バンプレスト
 AM事業部 機器開発担当

■社会人その2
その後、ITベンチャー企業入社。
モバイルコンテンツの制作に従事。入社四年で当時の統括部署を分社。
ITベンチャー企業の子会社とする。代表として設立と全体統括に従事。
結婚し子供も生まれ、日々が充実。上記と平行で中国企業の代表兼任。

・株式会社インデックス(現:iXIT株式会社)
 日本・中国制作事業統括
⇒株式会社インデックス・イマジナック
 代表取締役社長
⇒厦門掌通信息科技有限公司(Xiamen Index)
 董事 副総経理

■治療・療養生活
持病の治療及び療養に専念する。

■世界一周旅行
療養を兼ねて地球をぐるっと一周。
ほとんど移動の一ヶ月弱。
詳細はカテゴリーにて。

■社会人その3
他のITベンチャー企業に所属。
経営企画や事業企画に従事。

・株式会社アイ・エム・ジェイ
 (現:アクセンチュア傘下)
 経営企画室 中国事業担当 シニアプロデューサー

■社会人その4
心機一転、株式会社を設立。

■社会人その5
現在、中国ビジネス支援会社勤務。
うさぎのごんたさん、ハリネズミのチャロとも出会う。

・SRB TECH コンサルティング株式会社
 パートナー 取締役副社長


~保有資格~
・平成8年3月 日本プロボクシングC級ライセンス取得
・平成9年9月 普通自動車第一種免許取得
・平成10年3月 小学校教員免許状取得
・平成28年10月 漢語水平考試2級(HSK)
・平成29年4月 漢語水平考試3級(HSK)

★★★連載情報★★★
WEB連載 「日中ビジネスの専門家が見たアフターコロナの中国」
↓記事はこちら↓(2020年4月~)
https://cocokara-next.com/tag/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%b2%b3%e5%bf%97/

★★★講演会情報★★★
(終了:5月14日(火)19:30開始:新宿:マイナビ社主催)
「あまり知られてない、中国ビジネス裏常識」
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/277

★★★講師の達人★★★
https://www.entatsu.com/lecturer/a_1023.html