なあ、悠詩

友人の父親の弔事に行く電車の中で書いている。

なあ、オマエサン。

何かが終わることは何かが始まることなのだろう。
人や物事はすべて連続しており形を変えながらも続いていく。
ベースを引き継ぎつつもまた違う花を咲かせるのだろう。

続くために終わる。

人はその為に生きている。
だから人は尊いのだ。

そう、何も無くしてはいないのだ。
それは確実に存在していたし形を変えて今も存在している。
形を変えて再び始まったのだ。
あなた自身として。

何度も形を変えつつも永続していく。

ご冥福をお祈りします。

from オトウサン
—悠詩(0歳2ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人

最近のブログ記事