なあ、悠詩

なんとか押さえ込んできた葛藤といきなりご対面。

思わずインサイドに踏み込みたい衝動にかられる。
だが敢えてバックステップ。

前回の手紙にあるように落ち着いていこう。
行ったり来たり、押したり引いたりして。

足を使ってカウンターのタイミングを見計らうのだ。

それはすぐかもしれないし、もっと後かもしれない。
ただ、それだけのことだ。

ピンチは契機であり、糧である。
それでどのようなことになってもすべて必要なことなのだ。

つまり、大切なものを守っていくための宿命。

だから、しっかり落ち着いて受け入れよう。
目を閉じ、胸に手を当て、そのまま天を見上げよう。

そこにあるのは暗闇ではない。
真っ白なキャンバスとそこに咲くオマエサンとカアサンの笑顔だ。
確かなぬくもりと何色にも染まりうる白だ。

なあ、オマエサン。
素敵な笑顔を今日もありがとう。

最高だよ、オマエサン。

from オトウサン
—悠詩(2歳3ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事