・:*:・゚☆ 生まれゆく君へ 「白紙の部分とは – つねに未完でありたい – 」

私が最近、自分自身や周囲に対して「白紙の部分を常にもっていたい」と言っているが、そのルーツを紹介しよう。
もう十年以上前かな。
ある新聞に常盤貴子さんを紹介している記事があった。
その切り取った記事はすっかり黄色に色あせているが、今でも手帳に入れて持ち歩いている。
--------------------------------------------------
高校卒業と同時に芸能活動を始めてすでに八年。
だれそれのような女優に、というイメージはない。
「自分の中に白紙の部分をたくさん残しておきたい。
将来は、私自身も想像がつかないような女優になりたい」
つねに未完でありたい。
そんなエネルギーを秘めた女優だ。
--------------------------------------------------
たったこれだけだ。
年を重ねるたびに実感できる。共感できる。自分なりに解釈できる。
ベースにきちんと自分色を持っていながらも常に何色も染められていない部分を意識的に持とう。
そしてダイレクトに他人色に染められたり自分色と融合させたりして新たな価値観を吸収するのだ。
そしてそれは時間が経つとしっかり自分色の一つとなっているだろう。
何度も言うように青春とは回り道である。それは未完であるということだ。
未完であることは素晴らしい。
まだ見ぬ部分を想像するのが楽しいのだ。
そして自分が想像しなかったものが生まれるのが素晴らしいのだ。
それが人生の醍醐味なのだろう。
from オトウサン

この記事を書いた人

最新のブログ記事