ねえ、オマエサン。

先々週から数日間隔で移動続きからだろうか、体の疲れが抜けにくい。
加え、疲れているけどなぜか朝まで寝付けないという日々が続いている。

また、心理的には大きな二つのことを同時に運用する責任の重さも痛感している。
いかに今まで流れに乗ってきただけかがよくわかる。
そう、これが等身大の自分なのである。
でもそれに気づけるだけまだ良いのだろう。

話は変わる。

昨日書いた「1リットルの涙」だが、ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」のスタッフでやるとどうなるのだろうか。
これら二つのドラマのスタッフは大きくかぶっており、テーマは違うものの雰囲気は実に同じだ。
映像や音楽の表向きな演出も好きだし、心理的描写もとても気に入っている。

また話は変わる。

今日はカアサマに申し訳ないことをした。ごめんなさい。
昨日の手紙のように偉そうに人生を語っておきながら等身大の自分はこのように未熟なのだ。

さあ、もう今日はもう今から寝るとしよう。目を閉じて横になろう。
前を向いて見上げていたいから。

from オトウサン

この記事を書いた人

最新のブログ記事