ねえ、オマエサン。

楽しいことと大切なこと。
これが重なるわけではない。

私には大切にしていることが二つある。
心の二本柱だ。
この為だけに生きていると言っても過言ではない。

だけど、これはいつも楽しいものではない。
大切なだけに苦しいものでもある。
だけどそこから何か生まれた時に良かったという手ごたえは十分にある。
振り返ってみれば結果的にということが多いが。
それは自己満足に近いものかもしれないが確かに積もった感触がある。

趣味と呼ばれるものがある。
これは一体なんぞや?
楽しいことであり共有できることといったニュアンスが強い。
大切にしているものを趣味というのには違和感がある。
純粋に楽しめることが趣味ならば私には何も趣味はないといえる。

深く考えすぎか?

「趣味は何ですか?」
「休日は何をしていますか?」

よく投げかけられる言葉だ。
取り繕うように何か言いはするものの自分の返答に何となく違和感もある。

そう、楽しいことと手ごたえがあることは違う。

手ごたえがあれば楽しくなくても構わない。
あえてそう言い切ろう。

from オトウサン

この記事を書いた人