なあ、悠詩

上海に戻ってきた。

上海には仕事で何度か滞在したことがある。
単に飛行機の乗換えで空港間の移動ということも結構あった。
日本の成田と羽田のように国際中心と国内中心に別れている。
スムーズに移動できれば一時間程度だ。

上海は都会だ。
アモイとは全然違う(アモイもそれなりに都会だが、、、)。

タクシーで空港からホテルに直接移動する。

ホテルは外灘に面している。
ぶらっと散歩してみる。

前回、来たときは夜景であったが、日中もなかなか雰囲気がある。

地下トンネルで向こう岸(テレビタワーの方)に行ってみた。

小さな乗り物に乗る。
光と音で演出されたトンネルは五分ほどであった。
特に行くところもないので、ホテル側をざっと眺めて引き返す。

繁華街の中心を歩くいた後、ひとつ道を外して戻ってみる。
がらりと生活感のある景色となる。

路上で売っている甘栗をまたしても買って、ホテルにもどった。

歴史のあるホテルらしい。
その昔、アインシュタインやチャップリンが泊まったとのこと。
良くいえば風格がある。
悪くいえば古い。
いかにも古きよき上海といった感じだ。
私は結構好きだな、こういうの。

値段も日本のビジネスホテル程度で手ごろだ。
以前は、バックパッカーの部屋もあったそうだ。

上海はアモイほど思い入れはないが、やはり一区切りついた感じ。
アモイからまっすぐ家に帰りたい気分だったが、来てよかった。

20071203_859st_45.jpg


ホテルの外観。

20071203_962st_45.jpg


ホテルの中。吹き抜けの部分。

20071203_870st_45.jpg


外灘。

20071203_904st_45.jpg


トンネルの乗り物。

20071203_900st_45.jpg


以前、泊まった「和平飯店」。
こちらも歴史が深いらしい。

<追記>
夜にもぶらりと外に出てみた。
美しい夜景だった。
リラックスしているからだろうか、以前よりも綺麗に見える。
欧州の街並みの夜景より気分がよかったかもしれない。
カアサンとオマエサンに見せてやりたくなった。近いしね。
やはり中国はいい。
単なる立ち寄り程度にしか考えてなかった上海も素敵だった。
しかし水道水はあいかわらず汚い。
土というか下水くさいし、薄茶色だ。
浴槽に溜めるとよくわかる。
ニューヨークでもここまでではなかった。

20071203_979st_45.jpg


夜の外灘。写真だと魅力が出ないな、、、

20071203_982st_45.jpg


夜の和平飯店など。

20071203_003st_45.jpg


ホテルに戻る途中に寄ったマッサージ店。
現地向けの店なので安い。
45分で20元(300円弱)だった。

20071203_998st_45.jpg


夜の宿泊先。雰囲気がより出る。

【小説「源平咲き」114,818文字(原稿用紙288枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最近のブログ記事