なあ、悠詩

ソウルにやってきた。
二度目だ。

一度目は新卒で入った会社の社内旅行だった。
十年前かな?

空港からホテルがある明洞に行くバスに関してミスした。
乗ったのは明洞以外の市内を周って空港に戻るバスのようだ。
どうりでなかなか着かないと思った。

かろうじて市内で気がついたので、すぐ降ろしてもらう。

そこでタクシーを拾って向かった。無駄なことをしたものだ。
バスの乗り場しか気にせずバス番号を見ていなかった。反省。

ソウル(中心部)は東京に近い。
文字の違いはあるものの、雰囲気はそっくりだ。
建物やファッション、化粧?の感じも。
以前、訪れた時よりもそれは強く感じた。

同じ都会でも上海よりずっと日本に近い。
ただ、文字に関しては中国の方がずっと近い。
この辺のアンバランスが実に不思議だ。

しかし、日本の観光客が多いせいか、日本語だらけだ。
出店の店員も値段のやりとりぐらいなら日本語を喋る。
こういった感じなので、旅情などもはやほとんどない。

ちなみに、私はすぐに日本人とわかるらしい。
向こうから日本語で話しかけてくる。

と思いきや、中国人ツアーのガイドさんに道を聞かれる。
中国語で。
ガイドならもっと下調べしておけばいいのに。
通りの向こう側に行くにはどうしたらいいのかという話のようだ。
地下通路を通っていくしか知らないと答えた(つもり)。

社内旅行の時に泊まったロッテホテルが近くにある。
嗚呼、懐かしいな。
周囲に関しても、大体、覚えている。

やはり当時と同じように徒歩で南大門とその市場に向かう。
ここの雰囲気はほとんど変わらないな。
あいかわらずメガネ屋は多いな(前回は買ってみた)。

明洞に戻りつつ、道端に並ぶ出店の食べ物をつついてみる。
先日のアモイでのようにいくつかはしごしながら。

最後にホテルの近くのお店でサムゲタンを食べた。
マッサージの店は多いが、明洞付近は高い。
観光客を意識してか、東京とさほど変わらない。
昨日の上海での45分で300円弱などここでは有り得ない。

それにしても夜の冷え込みは厳しい。
ミュンヘンの夜を彷彿させる。

前回来た時と、今の自分、何か変わっただろうか。
状況や環境は大きく変わった。
しかし、根本は変わらないなと思った。

韓国の中心で、ふと感傷的になった。

20071204_066st_47.jpg


明洞の中心街の様子。

20071204_075st_47.jpg


ロッテホテル。

20071204_104st_47.jpg


南大門。

20071204_098st_47.jpg


南大門市場。

20071204_118st_47.jpg


コチュジャンが絡まった餅とおまけで付くスープ。
美味しかったが、量も多く腹にずっしりときた。

20071204_050st_47.jpg


ホテルの部屋は韓国式。
床に布団というのいが趣があるじゃない(床暖房付き)。

【小説「源平咲き」115,185文字(原稿用紙288枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最新のブログ記事