なあ、悠詩

今回の移動記録の詳細だ。
これが最後の移動だ。
出発した成田に戻るのが24区間目の移動となる。
13国、20都市に及んだ独り旅はこれで終わる。

———<移動記録>———
日付:2007年12月5日
交通手段:飛行機
航空会社:ユナイテッド航空
便名:UA884
路線:ソウル(仁川)→成田
時刻:12時15分→14時25分
クラス:ファーストクラス
備考:ソウルとの時差はない
——————————

11月10日にシカゴ行きの飛行機で日本を出発した(ANA便)。
そしてソウルからシカゴ行きの飛行機で帰国する。
このユナイテッド便は成田を経由するので、私はそこで降りる。

長かったような短かったような一ヶ月弱のひとり旅だった。
最終的には時差もなくなり、文化も近いソウルから帰る。
すんなりと東京での日常に戻れると思う。

今回のテーマは、移動自体が旅であった。
この移動で旅は終わる。

昔から好きだった飛行機と電車にたくさん乗った。
ありがとう、そしてさようなら。

20071205_146st_48.jpg


韓国の仁川空港。

20071205_160st_48.jpg


成田を経由してシカゴに行くユナイテッド便。

【小説「源平咲き」114,818文字(原稿用紙288枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最近のブログ記事