「尊い人生」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

なあ、悠詩

グラスは割れたものとみなす。

求めない(求めすぎない)。
大切なものがある限りすべては必然。

そう、物事とはどう捉えるかがすべてだ。
思い通りにしようとすることは依存に他ならない。

求めるのではなく、与えることが尊い人生なのだ。

ちっぽけなことにこだわるのはやめよう。私は。

オマエサンの笑顔。
家族三人でのささやかな生活。
独りよがりな妄想と創作活動。

これだけあれば私は十分。

落ち着いていこう。
いつもいつも穏やかに。

from オトウサン
—悠詩(2歳) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

ymmttks02@yahoo.co.jp