なあ、悠詩

昼、妹とランチを食べた。

わざわざ私のオフィスのそばまで出てきてもらった。

妹は土曜日に結婚式を挙げ、入籍する。
結婚前にふたりで会うのは最後だろう。

たわいもない話を一時間ばかりして別れた。
大丈夫。

大変な時もあるだろうが、楽しいことがたくさんあるよ。
そう、新しい喜びと価値観に出会えるだろう。
新たな人生の始まりなのさ。
ここからもういっぺん物語を始められるなんて素敵じゃない。

過去に感謝しつつ、そっと動き出そう。
がんばれ!

夜、前職で一緒だった人と食事をした。
一年半ぶりの再会だった。

治療中、私はこの方にとても不義理な対応をした。
ずっと後悔していた。本当に未熟者だった。
それを直接伝えたかった。

今日、その機会を頂けたことに心から感謝しよう。
ありがとう!

物語は形を変えながらもすべて繋がっていくのだ。
区切りを迎えた時、終わるのではなく糧になるのだ。

from オトウサン
—悠詩(2歳) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事