なあ、悠詩

誤魔化さずに向き合い、敢えて真剣に考えてみる。
すると穏やかな形で整理できることもある。

なるほど、これでいいのかもしれない。

先日の西岡利晃のような試合もある。
敵地で、有名かつ強敵相手に派手に一発KO勝ち。

昨日の内藤大介のような試合もある。
ホームタウンで、無名相手にドロドロの判定勝ち。

ふたを開けてみないとわからないことがある。

思いがけず、うまくいくこともある。
思いがけず、うまくいかないこともある。

うまくいけば、驕らずに感謝すればいい。

だが、うまくいかなければ、どう切り開くか考えるしかない。
実行するかどうかは別として、様々な手段を考えるのだ。
実行しなくても、それで視野が広がり、冷静になれることもある。

ただ、最終的に大事にしたいことは勝敗ではない。
人生とは、結果ではなく、経緯がすべてだと私は考える。
目を逸らさずに向き合うことも、立派な経緯だ。

それで結果(選択)が変わらずとも、しっかりと糧になる。
そう信じたい。

向き合って考え、踏ん張り、このように感じた一日でした。

人生勉強だ。

そして今日もまた可愛い可愛い私の息子さんよ。
ありがとう。

明日は幼稚園の日だね。
たくさんたくさん楽しんでおいで。
お友達とも仲良く笑顔で遊んでおいで。
そしてまた色んな話を聞かせておくれ。

from オトウサン
—悠詩(2歳8ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最近のブログ記事