「マインドタフネス」~置手紙~

「マインドタフネス」~置手紙~

なあ、オマエサン。
私は決してマインドタフネスでは無い。
カアサンが一番知っているだろう。
剣道六年間。
ボクシング四年間。
その他陸上の短距離含めて全部個人スポーツ。
協調性にいまいち欠けるのはこのせいか?
それはさて置き、剣道もボクシングも割ときついスポーツ。
基本、一対一の短時間の決戦。
練習とて怒声と愛?の鞭が全身に飛んでくる。
竹刀だったりボクシングミットだったり。
精神力と忍耐力、緊張に向き合うことが必要だ。
特にボクシングは何日練習しようが、何キロ減量で苦労しようが、1分で負けてしまうことも多々ある。
そして、次の試合も保証されない。
明暗がくっきりする残酷なスポーツである。
しかしながら、仕事で求められるマインドタフネスとは明確に違う。
一時期、自分はボクシングで鍛えたタフネスがあるから仕事も大丈夫だと思い込んでいた。
しかし、事情を知っている人は知っている通り、特に30代中盤から後半は仕事で負け戦ばかり。
精神的に全然求められるものが違うのだ。
・理不尽に思う事も飲み込むこと。
・人の顔色を伺いながら言動を使い分けること。
・上下に挟まれること。
・社内外に挟まれること。
要するに自分の中で踏ん張ることと、周囲のことで踏ん張ることの違いか。単純に言えば。
私は後者に対する免疫が無かったとも言える。
30代前半までの流れに乗っていた時は良かったが、そこから旗色が悪くなるとどんどん後手後手になって打たれっぱなしでKO負けの連続。
40代半ばになる今はどうか?
決してタフになった訳ではないだろう。
麻痺したというか慣れたというか。
もしかしたら諦めたのかもしれない。
でも良く言えば少しばかり悟ったのかもしれない。
「人は自分の思い通りに考えもしないし、動くものでもない」という当たり前の事を。
でも思い通りに進んだら、幸運だと素直に受け入れようとも思える。
なので、悲観的でもなければ捻くれているわけではない。
そんな事にようやく気づいた一年か。
うさぎのごんたさんのお家も大掃除。
フローリング状のシートを新調。
ありがとう。

プロフィール(概要)
山本 岳志(ヤマモト タケシ)
【フルverのプロフィールはサイト上部より(スマホは下部)】

■男性 ■A型 ■1974年 ■勤め人
■東京都在住 ■山口県生まれ・島根県育ち
■家族 :妻と子(オマエサン)兎(ごんた)ハリネズミ(チャロ)
■趣味 :自己満足の小説執筆

■学校生活
もっぱらスポーツ少年だった。
小学校はずっと剣道。中学校は陸上(短距離)。高校はボクシング(一年半ほど)。

・1987年3月 山口県 下松市立
 中村小学校 卒業
・1987年4月 山口県 下松市立
 末武中学校 入学
 (中学二年次に島根県へ引っ越し)
・1990年3月 島根県 美保関町立
 北中学校(現:松江市立美保関中学校)卒業
・1993年3月 島根県 島根県立
 松江東高等学校 卒業

■学生生活
教員を志して上京。大学へ入学。
三年次、ボクシングでプロになる。戦績はこの一戦のみ(一応、勝ち)。
パソコンを使った音楽制作を開始。バンドも楽器も不要なことに感動。
小学校教員免許を取得して卒業。

・1998年3月 埼玉大学 教育学部
 小学校教員養成課程 教育学専修 卒業

■社会人その1
音楽制作が高じ、ゲーム会社入社。BGMや効果音、音声制作に従事。

・株式会社バンプレスト
 AM事業部 機器開発担当

■社会人その2
その後、ITベンチャー企業入社。
モバイルコンテンツの制作に従事。入社四年で当時の統括部署を分社。
ITベンチャー企業の子会社とする。代表として設立と全体統括に従事。
結婚し子供も生まれ、日々が充実。上記と平行で中国企業の代表兼任。

・株式会社インデックス(現:iXIT株式会社)
 日本・中国制作事業統括
⇒株式会社インデックス・イマジナック
 代表取締役社長
⇒厦門掌通信息科技有限公司(Xiamen Index)
 董事 副総経理

■治療・療養生活
持病の治療及び療養に専念する。

■世界一周旅行
療養を兼ねて地球をぐるっと一周。
ほとんど移動の一ヶ月弱。
詳細はカテゴリーにて。

■社会人その3
他のITベンチャー企業に所属。
経営企画や事業企画に従事。

・株式会社アイ・エム・ジェイ
 (現:アクセンチュア傘下)
 経営企画室 中国事業担当 シニアプロデューサー

■社会人その4
心機一転、株式会社を設立。

■社会人その5
現在、中国ビジネス支援会社勤務。
うさぎのごんたさん、ハリネズミのチャロとも出会う。

・SRB TECH コンサルティング株式会社
 パートナー 取締役副社長


~保有資格~
・平成8年3月 日本プロボクシングC級ライセンス取得
・平成9年9月 普通自動車第一種免許取得
・平成10年3月 小学校教員免許状取得
・平成28年10月 漢語水平考試2級(HSK)
・平成29年4月 漢語水平考試3級(HSK)

★★★連載情報★★★
WEB連載 「日中ビジネスの専門家が見たアフターコロナの中国」
↓記事はこちら↓(2020年4月~)
https://cocokara-next.com/tag/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%b2%b3%e5%bf%97/

★★★講演会情報★★★
(終了:5月14日(火)19:30開始:新宿:マイナビ社主催)
「あまり知られてない、中国ビジネス裏常識」
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/277

★★★講師の達人★★★
https://www.entatsu.com/lecturer/a_1023.html