【中国のブロックチェーンとその活用事例(国家戦略・規制)】

1.中国政府は評価しており、産業の発展に繋がるとして支援する姿勢
2.スタートアップも増加中
3.「ブロックチェーン特区」の設置も実施
4.2020年のブロックチェーン特区は20以上
5.湖南省では2025年までに5つのブロックチェーン特区を設立する予定
6.大手ブロックチェーン企業10社を組織するスローガンも掲げる
7.参画企業への報奨金支援もある
8.既に公立病院でブロックチェーンのプラットフォームを使用している
9.行政プラットフォームには組み込み済み
10.人民元のデジタル化も実現見込み、既にトライアルも行われている

なお、「おろち」は山本岳志のペンネームです。

この記事を書いた人

最新のブログ記事