今日、重要な話を十数名の前でする機会があった。
最近はもっと大勢の前で話す機会が増えてきているけど、いつも感じるのは人前で話すのが苦手なのよね。場数を踏んでもなかなか慣れない部分はある。重要で分量がある話だと、カンペというかレジュメが無いと分かりやすく話せない気がしていつも結構それに頼っている。
重要な事なのでポイントがずれていかないようにそういう準備はむしろ必要だと思うけど、視線が目元のレジュメばかりにいってしまっているようだ。自分でもそう思っていたし、やはり周りからもそう見えるようだ(指摘された)。やはり、きちんと顔を上げて話さないと説得力を持ちにくいのも事実だよね。今日はその点をちょっと反省。
まあ、未熟なのは分かっているので、いちいち落ち込んでいてもしかたない。そういう自分であることは事実なので、ちょっとずつでもよいから経験を意識的に生かしていこうと思う。
後悔はいらない、ただ反省はしよう。それでこそ経験だ。しっ放しでは意味はあまりない。

この記事を書いた人