ねえ、オマエサン。

物語に触れることで今を生きながら違う人生を生きることができる。

物語を作ることで自分の生き様を伝えていくことができる。

文章や絵、音。
物語の形は多様だ。

今、私は確信した。
何の為に生きるのか。
それは愛と物語の為だと。

物語絶対主義、これこそ最高。

追伸:
 中国入りした。
 こちらでも時は確実に流れている。
 今ここにあるものに固執するのでなく感謝しよう。
 そうすれば何も失わないだろう。
 たとえ見えなくなっても。
 たとえ手が届かなくなっても。
 たとえ聞こえなくなっても。
 すべてが物語となってずっと生き続けるのだ。

from オトウサン

この記事を書いた人