なあ、悠詩

「源平咲き」という題名で物語を作っている。
もう半年以上前からアイディアレベル、落書きレベルで文に残している。

源平咲きとは一つの株から白と桃色の花が咲くことである。
その意味は物語の内容に繋がる。

http://www.ne.jp/asahi/kumagaisan/flowers/genpeimomo.htm

物語を作ることで体一つで様々な人生を体験できる。
物語に触れることで人は出会わずとも繋がっていける。

それは尊く素晴らしいこと。

どんどん成長していくオマエサン。
オマエサンも私にとってまた大切な物語そのものだ。

from オトウサン
—悠詩(0歳1ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人