なあ、悠詩

だいぶ視線が合うようになってきたね。
そういう変化がとても嬉しい。

可愛くて仕方がない。
この想いがいつまで続くものなのだろうかと心配する程だ。
生まれる前、生まれたばかりの時よりどんどん大きくなる。

思ってもみなかった。
自分にこんな部分があるなんて。

トウサマはどうだろうか。
何か変わっていくのだろうか。
それとも変わらなければならないのだろうか。

葉が移ろいで散りゆく様をふと思い浮かべる。

from オトウサン
—悠詩(0歳1ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事