「太田由希奈」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

太田由希奈

なあ、悠詩

昨日、フィギュアスケートを見に行った。
同じ時期に日米対抗戦も開催されていたがそれではない。
病院の行き来に通りかかる小さなスケート場での大会だった。
狭くて古く観客席もない。

太田由希奈という選手の演技が見てみたかったのだ。

彼女の簡単な紹介ページ(クリック)

彼女は安藤美姫がはじめて四回転を成功させた大会の優勝者だ。
そう語られることが多い彼女は今では過去の人という扱いだ。
この2004年の四大陸選手権の優勝者はあまり知られていない。
世界のトップに躍り出たのもつかの間、ケガで表舞台から消えた。
この間、安藤美姫や浅田真央が注目を浴びるようになった。
引退を考えたが、昨年、ブランクを乗り越えて復帰する。

私も彼女のことは全然知らなかった。
昨年、彼女を取り上げたドキュメンタリーではじめて知った。
そしてその演技に魅せられたのだった。
穏やかで美しいのだ。
バレエ経験のせいか指先のささいな動きがとても綺麗だ。
スピードやジャンプの派手さとはまったく別の世界だ。
それ以来、彼女の存在が気になる。

ただ、復帰してからずっと成績が振るわないのだ。
だから大会の中継でもほとんど見かけることはない。
もちろんまだ本来の動きではないのかもしれない。
だがそれ以上に今は派手さを競い合う時代のような気がする。
そうすると彼女の再浮上はもはやないような気もする。
実際、昨日の大会も内容のわりにぱっとしない成績だった。
だが、それでもまた見てみたいと思わせるのが彼女なのだ。
彼女のファンは多く、優勝した中野友加里以上の声援だった。
そして出された得点が低かった時には会場中が絶句した。

彼女は特別に美人でもなければ可愛くもない。
ただ、どこかあいくるしい感じがある。
笑顔が素敵だ。
どこか石原さとみにも通ずるものがあるかもしれない。
そんな彼女が気になるのだ。
機会があればまた足を運んでみたい。

はじめて見に行ったフィギュアスケート。
今までテレビで見るとスポーツという感じがしなかった。
だが、氷が削れる音と息づかいを体感すると印象は変わった。
やはりスポーツである。
まさに肉体勝負であり体力勝負だ。
またひとつ、知らなかった世界を垣間見た気がする。
そう、こうして見聞を広げるのは悪くないと思った。
せっかくなので今の療養はそういう機会にもしたい。

<太田由希奈の演技>
http://jp.youtube.com/watch?v=IztGRQ336sI

<太田由希奈のドキュメンタリー>
http://jp.youtube.com/watch?v=4djXnmdYrUU

20071009_639st.jpg


整理券。商業ベースの大会でないのでたったの千円。

20071008_635st.jpg


古く狭い会場。

20071009_640st.jpg


プログラム。結果は中野友加里が圧勝だった。

【小説「源平咲き」71,623文字(原稿用紙180枚目)執筆中】

from オトウサン
-悠詩(1歳1ヶ月) with 父(33歳) and 母-

プロフィール(概要)
山本 岳志(ヤマモト タケシ)
【フルverのプロフィールはサイト上部より(スマホは下部)】

■男性 ■A型 ■1974年 ■勤め人
■東京都在住 ■山口県生まれ・島根県育ち
■家族 :妻と子(オマエサン)兎(ごんた)ハリネズミ(チャロ)
■趣味 :自己満足の小説執筆

■学校生活
もっぱらスポーツ少年だった。
小学校はずっと剣道。中学校は陸上(短距離)。高校はボクシング(一年半ほど)。

・1987年3月 山口県 下松市立
 中村小学校 卒業
・1987年4月 山口県 下松市立
 末武中学校 入学
 (中学二年次に島根県へ引っ越し)
・1990年3月 島根県 美保関町立
 北中学校(現:松江市立美保関中学校)卒業
・1993年3月 島根県 島根県立
 松江東高等学校 卒業

■学生生活
教員を志して上京。大学へ入学。
三年次、ボクシングでプロになる。戦績はこの一戦のみ(一応、勝ち)。
パソコンを使った音楽制作を開始。バンドも楽器も不要なことに感動。
小学校教員免許を取得して卒業。

・1998年3月 埼玉大学 教育学部
 小学校教員養成課程 教育学専修 卒業

■社会人その1
音楽制作が高じ、ゲーム会社入社。BGMや効果音、音声制作に従事。

・株式会社バンプレスト
 AM事業部 機器開発担当

■社会人その2
その後、ITベンチャー企業入社。
モバイルコンテンツの制作に従事。入社四年で当時の統括部署を分社。
ITベンチャー企業の子会社とする。代表として設立と全体統括に従事。
結婚し子供も生まれ、日々が充実。上記と平行で中国企業の代表兼任。

・株式会社インデックス(現:iXIT株式会社)
 日本・中国制作事業統括
⇒株式会社インデックス・イマジナック
 代表取締役社長
⇒厦門掌通信息科技有限公司(Xiamen Index)
 董事 副総経理

■治療・療養生活
持病の治療及び療養に専念する。

■世界一周旅行
療養を兼ねて地球をぐるっと一周。
ほとんど移動の一ヶ月弱。
詳細はカテゴリーにて。

■社会人その3
他のITベンチャー企業に所属。
経営企画や事業企画に従事。

・株式会社アイ・エム・ジェイ
 (現:アクセンチュア傘下)
 経営企画室 中国事業担当 シニアプロデューサー

■社会人その4
心機一転、株式会社を設立。

■社会人その5
現在、中国ビジネス支援会社勤務。
うさぎのごんたさん、ハリネズミのチャロとも出会う。

・SRB TECH コンサルティング株式会社
 パートナー 取締役副社長


~保有資格~
・平成8年3月 日本プロボクシングC級ライセンス取得
・平成9年9月 普通自動車第一種免許取得
・平成10年3月 小学校教員免許状取得
・平成28年10月 漢語水平考試2級(HSK)
・平成29年4月 漢語水平考試3級(HSK)

★★★連載情報★★★
WEB連載 「日中ビジネスの専門家が見たアフターコロナの中国」
↓記事はこちら↓(2020年4月~)
https://cocokara-next.com/tag/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%b2%b3%e5%bf%97/

★★★講演会情報★★★
(終了:5月14日(火)19:30開始:新宿:マイナビ社主催)
「あまり知られてない、中国ビジネス裏常識」
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/277

★★★講師の達人★★★
https://www.entatsu.com/lecturer/a_1023.html