なあ、悠詩

何かに情熱を持っている姿は素晴らしい。
客観的に。

一生懸命な人は見ていて気持ち良い。
主観的に。

そういうものに対して純粋でありたい。

そう、自省を込めて言おう。
もう評論家気取りは勘弁だと。

やれ誰はああだとか、、、
やれあれはこうだとか、、、

何かと批判的かつシニカルに理屈や評論を展開する。

そんなこと聞きたくもないし言いたくもない。
こう思った方がいい。

「お前はどうなんだ?」と。

人のことをとやかくいうのはやめようよ。
面白くないから。
何も生まれないから。

私は言いたい。

「お前は何様だ」
「お前はそんなに偉いのか?」
「お前はそんなに立派なのか?」

なんちゃって評論家も批評家もまっぴらだ。

話は変わる。

昨日、オマエサンとカアサマ、トウサマの妹と四人で散歩を兼ねて食事に行ったんだよ。
とても天気が良かったね。

レストランでもトウサマはずっとこの有様だ。

20061126222953.jpg

大好きよ。

from オトウサン
—悠詩(0歳2ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人