「胎動 -さいは投げられた-」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

なあ、悠詩

大いにくたばったよ。
まったくの予定外だ。
己の脆さに愕然とする。

しかしこれさえも必要だったのだろう。
遠回りではない。
むしろ背中を押されたのだろう。

そう、さいは投げられた。

なあ、オマエサン。

太田由希奈という女子フィギュアの選手がいる。
ブランクを乗り越えて戻ってきた。
とても表現力豊かなスケートだ。
指使い一つしても。
技術的、競技的な点数は低くても見ていてとても心地良い。

頑張ってほしい。
羽ばたいてほしい。

そう、さいは投げられた。

さあ、新たな年を踏み出そう。
連続しながらもまた新しく始まるのだ。

三人で始めよう。

CIMG0029.jpg

from オトウサン
—悠詩(0歳3ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人

ymmttks02@yahoo.co.jp