「見つけて信じて守る」・:*:・゚☆ 生まれたての君へ

なあ、悠詩

今日はカアサンがお出かけだったのでお留守番だったね。
一緒に昼までぐっすり寝たんだよ。
オマエサンも11時間も泣かずによく寝たもんだ。

なあ、オマエサン

「見つけて」「信じて」「守る」

たったこれだけだ。
だけどこれこそが生きるということなのだろう。
完全や正しさという不確かなものを追い求めることではない。

両手を交差させて胸に手を当ててみよう。

そう、私にはその二つだけでいい。
やっと見つけたんだ。
信じて守るんだ。

from オトウサン
—悠詩(0歳3ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人

ymmttks02@yahoo.co.jp