なあ、悠詩

土曜日に結婚式に出席した。
雲ひとつない青空だった。

私の中でとても印象的なことがあった。

式の最後に外で風船を一人一つ渡されたのだ。
同時に空へ飛ばして祝福しようという趣旨だった。

人数分なので50個ぐらいはあっただろうか。
その中のいくつかがフライングで空へ舞い上がった。
何人もいればこういうこともある。

「君は誰よりも早く遠くにいきたいのかな?」

空を見上げながらそんなことを思った。

そして一斉に飛ばすタイミングになった。
私も手に持っていた風船をそっと飛ばした。

ちょっと遅れて皆の後をついていく。
と思いきやすぐに木の枝に引っかかってしまった。

そこにゆるやかな風が吹いた。
体を揺らしながらなんとか枝と枝の間をすり抜けていこうとする。
だけど枝の突起で割れてしまいそうでハラハラする。

「頑張れ!」

思わずそう思った。

間もなく他の風船に大きく遅れて青空へ旅立った。

なあ、悠太。
この時、お前のことを思ったのさ。

ゆっくりでいいのさ。
青空はどこへも行きはしないから。

一番じゃなくていいのさ。
青空はどこから見ても青空なのだから。

焦らなくていい。
穏やかにゆっくりと歩んでいきなさい。
私が後ろからそっと見守ってあげるから。
私もゆっくり歩んでいくから。

披露宴会場に移動する時にふと空を見上げた。
遠くに風船たちが星のように小さく見えた。

きっと私の風船もそこにいるのだろう。
目に見える早い遅いなどと小さなことだ。

視点を広げて穏やかに歩んでいこう。

from オトウサン
—悠詩(0歳4ヶ月) with 父(32歳) and 母—

この記事を書いた人