なあ、悠詩

完全にバテぎみだ。
昨日も発熱で完全に寝込んでしまった。
気がつけば十六時間眠り続けていた。

4月末からの六ヶ月の予定ではじまったこの強い治療。
前半から中盤はそれほど体調を崩さなかったのだが後半バテた。
発熱と脱毛、精神面のムラが目立つ。
だけどカアサンのサポート、オマエサンの笑顔で踏ん張れる。
それにあくまでも病状ではなく副作用だ。

今月末で六ヶ月が終わる。
そうしたらしばしひとり旅させてもらうつもり。
気分転換して仕切りなおしたいと思う。
カアサンにも当り散らしてしまう自分をリセットしたい。

私は自分の家庭に支えられ、田舎の家族に見守られている。
それがよくわかった時間でもあった。
そして自分がいかに好き勝手で我侭であるかを痛感した。
だけどそんな身勝手ができるのも家庭であり家族だからだ。
許してくれとは云わないがどうか甘えさせて欲しい。

あと少しだ。頑張ろう。

【小説「源平咲き」66,651文字(原稿用紙167枚目)執筆中】

from オトウサン
-悠詩(1歳0ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人