なあ、悠詩

ローマのホテルの朝食後、ヴァチカン市国に向かった。

ヴァチカン市国はイタリアのローマの中に小さく存在している。
なので、国というより、ほとんどローマのイメージである。
とはいえ国なので正確にイタリアと区別してみよう。
ヴァチカンが国でいうと7国目、都市だと11都市目となる。

サン・ピエトロ寺院に行った。
人もまばらでスタッフもどこか退屈そうだ。
警備員が私の携帯に興味を持ったしく、値段を聞いてくる。

寺院はカトリックの総本山ということでさすがに雰囲気がある。
中に入ってみた。
その奥行きに目が奪われる。
そして、やはり華やかではあるものの、どこか哀しさも感じた。

なお、博物館が併設されおり「最後の晩餐」などがあるそうだ。
時間も限られているし、空気が吸えただけで十分でなのでパス。

この後、コロッセオに向かう(昨日の手紙の通り)。

20071119_937st_20.jpg

寺院の前の広場。

20071119_940st_20.jpg

寺院の正面。

20071119_011st_20.jpg

寺院の中。

20071119_969st_20.jpg

天井。

20071119_015st_20.jpg

寺院の外の柱。
太い柱がずらりと並ぶ様は、ここで一番印象深かったかも。

【小説「源平咲き」107,356文字(原稿用紙269枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最新のブログ記事