なあ、悠詩

成田空港に着いた。

ソウルが寒かったので、それほど寒くは感じない。

ソウルとは時差もなく、フライトもわずか二時間程度。
空港の雰囲気も似ており、帰国したという感覚は少ない。
それでもやはりホッとするものだ。

さあ、リムジンバスで帰ろう。
私が私であるがための場所へ。

なあ、オマエサン。
私のことを覚えていてくれるかな?

20071205_162st_49.jpg


成田空港到着ロビー。

20071205_165st_49.jpg


空港外のバス乗り場。

【小説「源平咲き」115,671文字(原稿用紙290枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最新のブログ記事