なあ、悠詩

今回の旅は、三人のガイドさんが私を導いてくれた。

まずひとり目は、幅広い知識を持つ有能なゼネラリスト。
この方の名は「地球の歩き方 ヨーロッパ」という。
いうまでもなく個人旅行の定番の本。
カナダからの移動で一度失ったが、ニューヨークで購入したもの。

「旅行記06:ニューヨーク[1]:11/11」
http://milky01.blog50.fc2.com/blog-entry-405.html

複数の国をカバーしてくれるので重宝した。
が、逆にいえば簡略化されているのでわかりにくい部分も多数。
特に地図は細かい部分が省略されており、ホテル探しで苦戦した。
しかし、この人がいるといないとでは大違い。
前知識もなければ予習もしていない私の一日はここから始まった。

二人目は、深い知識を持つ有能なスペシャリスト。
この方の名は「わがまま歩き ニューヨーク」という。
出発前にブックオフで100円で買った。
最新ではなく退役していたものだが、現役に復帰してもらった。
さすがにその情報は豊富で大いに助かった。
交通機関の情報なども退役間もないので、今でも大いに通用した。
彼とはニューヨークを離れる時に別れるつもりだった。
しかし、愛着がわいてしまってそうできなかった。
今は本棚でゆっくり眠っているよ。

最後は、実用よりも私の雑談に付き合ってくれた気さくな人。
この方の名は「トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表」という。
欧州の主要路線をほとんどカバーする時刻表だ。
日本の時刻表と勝手が違うので、最初は彼に対しぎこちなかった。
次第に慣れてくると、用もないのに度々、話しかけるようになる。
フランスのストライキでピンチに陥った時、彼は真価を発揮した。
柔軟な予定変更ができたのは彼のおかげだ。

「旅行記25:移動記録(ミュンヘン→ブリュッセル):11/20」
http://milky01.blog50.fc2.com/blog-entry-424.html

物としてはこれらは単にガイドでしかない。
だが、終わってみれば胸の高まりや不安、寒さも共有した戦友だ。

20071211_196st.jpg


地球の歩き方 ヨーロッパ。

20071211_197st.jpg


わがまま歩き ニューヨーク。

20071118_708st.jpg


トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表。

【小説「源平咲き」118,435文字(原稿用紙297枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳3ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最新のブログ記事