なあ、悠詩

『繋ぐ』

これを今年のメインテーマとしたい。

昨年、仕事や病気など、公私で様々な動きがあった。
そう、区切りの年でもあった。

その中で、気づいたもの(築いたもの)。
理解できたもの。
確認できたもの。

これらを信じ抜き、またここから歩き出そう。

もちろん不安はある。
正しいかなんて確証はない。

だが、揺らぎそうになるものだからこそ信じ抜くのだ。

「信じ抜く」

これをサブテーマとする。
最初は「貫き通す」としようとも考えた。
だが、信念とは別に、言動は常に柔軟でありたい。

何事もまず受け止めることは、人生で最も貴重な経験だ。
それをどう扱うかは信念に基づけばいい。頑固でもいい。
あくまでもコミュニケーションは常に柔軟でありたい。
そういう意味で、「貫き通す」でなく「信じ抜く」なのだ。

話は戻る。

今年はどうなるにせよふたたび歩み出す年だ。
過去の自分、今の自分、これからの自分を繋ぐ年でもある。

それはまさしく過程であり、すれ違いや誤解もあるだろう。
揺らぎそうになることもあるだろう。
だが、一年間、信じ抜いて繋げていきたい。

勿論、振り返ってみてそれをまた変えていく柔軟性は必要だ。
だが、今でなくていい。

なあ、悠詩。

オマエサンはとにかく優しく、元気であればいいさ。
トウサンとカアサンと一緒におだやかに歩んでいこう。

【小説「源平咲き」126,087文字(原稿用紙316枚目)推敲中】
from オトウサン
—悠詩(1歳3ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事