なあ、悠詩
石原さとみカレンダー。
それがすっかりカレンダーだということを忘れていた。
あまりのカレンダー部分の小ささゆえに。
ようやくその一月分を切り取ってみた。
二月分のお目見えだ。
20080205_438st.jpg

ああ、さとみよ。
どうしてそんなにまっすぐに見つめるんだい。
少しは意識して欲しい。
でも素敵すぎるから許しちゃう。
あぁ、燃える、いや、萌える。
以上
追伸:今日はとても良いことがあった。後日、書くとしよう。
【小説「源平咲き」134,657文字(原稿用紙337枚目)推敲中】
from オトウサン
—悠詩(1歳4ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人