なあ、悠詩
田舎のばあばが上京してきてお家にやってきたね。
オマエサン、たくさん可愛がってもらってよかったね。
先月、田舎で可愛がってもらったばかりなのにさ。
ばあばはいろんな用事があってお疲れ気味。
それでもオマエサンの相手をたくさんしてくれた。
感謝しようね。
夜からは仕事を終えたトウサンの妹も合流したね。
一晩だったけど、とても賑やかな夜になったね。
20080305PIC_0003st.jpg

ばあばに本を読んでもらえて良かったね。
20080305PIC_0008st.jpg

ばあばにしがみつくオマエサン、甘えんぼめ。
20080305PIC_0030st.jpg

トウサンの妹の胸元に手を突っ込むオマエサン。
大胆だね。でもたいしたもんじゃないだろ?
20080305PIC_0038st.jpg

ばあばとトウサンの妹に挟まれてご機嫌のオマエサン。
【小説「源平咲き」145,108文字(原稿用紙363枚目)推敲中】
from オトウサン
—悠詩(1歳5ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人