なあ、悠詩

三日目に引き続き、自由行動日。

この日は私を含めて七人でヴェネチアに行った。
ローマ同様、昨年の旅で訪れた街だ。

<昨年のヴェネチア滞在記>
https://gonta.love/2007/11/20/389/

発起人は私なので全員分のローマからの鉄道の切符を手配した。

日本の代理店で買うと高いので現地WEBにて事前に購入。
日本で買う半額で済むし、チケットレスなので紛失の心配も無い。

ユーロースターで片道四時間半弱。
往復で九時間弱。

こう書くと長いがそれほどでもなかった。
ずっと話をしていたからだろう。

今回も写真で振り返ろう。

2008-11-04No(331)st.jpg

ローマ発のユーロスター。
朝の七時前に始発であるテルミニ駅から出発した。

2008-11-04No(333)st.jpg

お昼前に水の都、ヴェネチアに到着。
一年ぶりの再会は雨だった。

2008-11-04No(336)st.jpg

リアルト橋。
昨年はこの付近のホテルに泊まった。

2008-11-04No(339)st.jpg

リアルト橋近くの市場。
いろんなフルーツが盛りだくさん。
水の都というだけあって魚もたくさんあった。

2008-11-04No(342)st.jpg

サン・マルコ広場。
雨のせいか人はまばら。
右に見えるのはサン・マルコ寺院。

2008-11-04No(347)st.jpg
サン・マルコ広場に近いレストランで昼食。
ヴェネチア定番?のイカ墨パスタ。
なかなか美味しかったよ。

2008-11-04No(344)st.jpg

サン・マルコ広場付近にある鐘楼。
昨年は登らなかったが今回は登ってみた。
上ではかなり風が強かった。

2008-11-04No(348)st.jpg

鐘楼から見たサン・ジョルジョ・マッジョーレ協会。
もしまた滞在することがあればあの島に渡ってみよう。

2008-11-04No(350)st.jpg

こちらも鐘楼からの写真。
なんとなく魔女の宅急便の世界が頭に思い浮かんだ。

2008-11-04No(356)st.jpg

サン・マルコ広場に面したカフェ・フローリアンで小休止。
1720年創業で、現存するヨーロッパ最古のカフェらしい。

2008-11-04No(360)st.jpg

有名なため息の橋。私も今回初めて見る。
周囲を改装中らしく、なぜかこんな変なことになっていた。
本当はこんな感じ

2008-11-04No(363)st.jpg

サン・ザッカリア教会。
コンパクトだがなかなか雰囲気がある。

2008-11-04No(370)st.jpg

サン・ロレンゾ教会。
正面の巨大な木のドアが素晴らしかった。
思わずドラクエを連想してしまった。
同じ名前でもフィレンツェのものが有名のようだ。

2008-11-04No(376)st.jpg

こういう建物と建物の間の水路が趣があって素敵。
観光客向けの華やかな通りよりもむしろ旅情を感じる。

2008-11-04No(374)st.jpg

こちらは集合住宅のインターホン(たぶん)。
各戸の呼び出しボタンが仮面なのがヴェネチアらしい。

2008-11-04No(382)st.jpg

サンジョヴァンニ・エ・パオロ教会。
ヴェネチアで一番大きな教会らしい。
ここには写ってないが、ステンドグラスが綺麗だった。

2008-11-04No(388)st.jpg

夜のリアルト橋。
この近辺のレストランでシャコなど魚介を少々食べた。
その後、18時過ぎのユーロースターでヴェネチアを離れた。

2008-11-05No(398)st.jpg

23時過ぎにローマに到着したユーロスター。
この後、駅のスーパーに寄ってホテルに戻った。

翌日の帰国の準備をしてすぐに寝た。
天気が良ければまた違った一日だっただろう。
ただ、雨というのも水の都っぽくていいじゃない。
巨大迷路にして島全体がテーマパークのようなヴェネチアはやはり素敵だ。

from オトウサン
—悠詩(2歳1ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事