なあ、悠詩

予想外の展開に対応しつつ一日が終わった。

バランスとフィルタリングを大事にしよう。落ち着いて。
そんな一日だった。

家に帰り、玄関のドアを開けるとオマエサンが駆け寄って来た。
癒されるよ、オマエサン。
そう、この素敵な時間は何も変わらない。

ありがとう、オマエサン。

その笑顔を咲かせ続けるために私は歩もう。

from オトウサン
—悠詩(2歳6ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人