なあ、悠詩

久しぶりに中国語を使ってみた一日だった。

もちろん、基本的に中国語は出来ない。
挨拶以上?、日常会話以下というあまりに中途半端なレベル。

それでもとても懐かしい感覚に包まれたよ。
以前、月の半分を中国に滞在する日々が三年半続いていたあの頃の。

でも、当時は今よりはもう少しマシだったかな。
懐かしいような、ちょっぴり切ないような、そんな一日だった。

思い出よ、ありがとう。

セピア色になりながらもそれは確実に存在したのだ。
ありがとう。

from オトウサン
—悠詩(2歳6ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事