なあ、悠詩
新たな船出となった。
これまでとは違う船出。
今までの自分では選択しなかった旅立である。
これまでの流れを変えたい。
もう同じことの繰り返しはしたくない。
今のタイミングとめぐり合わせを大事にしたい。
だから、私はこの船出を選んだ。
他に用意された船があったにも関わらず。
ただし、守るべきものは変わらない。
オマエサンとカアサンの笑顔。
それは永遠だ。
2009-09-26No(020)st.jpg
たくさんたくさん食べなさい。
私がそうさせてあげなきゃね。
from オトウサン
—悠詩(3歳) with 父(35歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事