常に白い部分を持っていたい。
何色にも染められていない真っ白な部分を。
常に未完成でいい。
完成させることが目的ではない。人生ではない。
自分自身で新たに色を入れたり人に染められたりすることが一番気持ち良いのだ。楽しいのだ。
だから常に真っ白な部分をたくさん持っていたいんだ。
今がすべてなんて思うことは不幸だよ。完成させようと性急になるのはもったいないよ。
常に余白がたくさんある未完成なキャンバスでいよう。
from オトウサン

この記事を書いた人