音楽は純粋だ。
思い出せばあの頃、自分でも伝えられる伝えたいと思った気持ちは純粋なのだろう。
いや、絶対純粋だよ。そう思いたいんだ。
あの頃の鼓動を感触を忘れたくない。だけど忘れそうで怖い。
自分の中で間違いなく音楽は憧れであり希望であった。
ここを見ている人に誤解されてもいい。
儲ける儲けないなんて本質ではない。
何が響くか響かないか。それだけだ。
あとはどうでもいい。結果的でいい。
from オトウサン

この記事を書いた人