・:*:・゚☆ 生まれゆく君へ 「物語と音楽とコミュニケーション from 中国」

両親のフィギュア

今日も寒い。

昨晩も寒くて到着日には必ずいく按摩(一時間500円程度)も行かずに部屋に引きこもっていた。

日本から持ち込んだ「白夜行」を寝る前に読む。
900ページ弱もある分厚い小説だ。

東野圭吾の本を読んだことがなかったのだが、ドラマ化されたこともあって手をつけてみた。
あとでドラマを見て振り返られるしね。
しかもドラマにはトウサマが大好きな綾瀬はるかさんが出ている。素敵。

サクサク読めるがなんせ長い物語だ。
夜更かしにならない程度に少しずつ読んでいこう。

話は変わるが、音楽と物語(小説)は非常に似ている。というか同じだ。
起承転結の流れであり、その根底にテーマがありメッセージがある。

だからコミュニケーションというものも仕事であれプライベートでいかにテーマに沿って言動に物語性を持たせられるかで伝わり方も大きく変わってくると思う。
内容自体、そしてその人となりが伝わるということに関して。

もっとわかりやすく言えば、いかに物語性を持つかはいかに演出するかということでもある。

言葉が多ければいいわけでもないし、すべて上手である必要もない。
単にいつも積極的であればいいということでもないし、前向きであればすべて良いわけでもない。

人と人を繋ぐのはその人からにじみ出てくる人間性でありその人が背負っているものだろう。

音楽いえばお金をかけて制作技術が優れたものすべてが胸に響く音楽とは限らない。
そのテーマであり、取り繕ったものでなく背負ったものがにじみ出るような表現や表情が心に響くのだ。

自分の性格や経緯を把握した上で言動にいかに物語性を持たせられるか(演出ができるか)、そして他人のスパイスを加えてそれをどう新しく展開していけるのか、

そう考えていれば自然に人間性や背負っているものもにじみ出てくるのであろう。
ただ、いくら考えても不確かな部分が多い。

そこで人は悩む。トウサマも悩む。

そもそも人間の内面など形もなくどんどん変化するものだ。
でも、だから不安なのでなく、だから楽しいのだと思う。本当は。

というのは想定内というのでなく、意図せずに自分にフィットするものを発見したり得られるというのが一番心地良かったのだ。
トウサマの少ない人生経験上では。

殻を破って前に進める感覚がする。

だから何事にも確証をもって演出する必要はないし、なんとなくこんな感じだろうというノリでいいと思う。

また、ちょっとしたことでも意識的に大げさに演出してみたっていい。
そうすると「自分らしさ」というものが勝手に自然に積みあがっていくかもしれないよ。
そんなことをふと思った。

from オトウサン

プロフィール(概要)
山本 岳志(ヤマモト タケシ)
【フルverのプロフィールはサイト上部より(スマホは下部)】

■男性 ■A型 ■1974年 ■勤め人
■東京都在住 ■山口県生まれ・島根県育ち
■家族 :妻と子(オマエサン)兎(ごんた)ハリネズミ(チャロ)
■趣味 :自己満足の小説執筆

■学校生活
もっぱらスポーツ少年だった。
小学校はずっと剣道。中学校は陸上(短距離)。高校はボクシング(一年半ほど)。

・1987年3月 山口県 下松市立
 中村小学校 卒業
・1987年4月 山口県 下松市立
 末武中学校 入学
 (中学二年次に島根県へ引っ越し)
・1990年3月 島根県 美保関町立
 北中学校(現:松江市立美保関中学校)卒業
・1993年3月 島根県 島根県立
 松江東高等学校 卒業

■学生生活
教員を志して上京。大学へ入学。
三年次、ボクシングでプロになる。戦績はこの一戦のみ(一応、勝ち)。
パソコンを使った音楽制作を開始。バンドも楽器も不要なことに感動。
小学校教員免許を取得して卒業。

・1998年3月 埼玉大学 教育学部
 小学校教員養成課程 教育学専修 卒業

■社会人その1
音楽制作が高じ、ゲーム会社入社。BGMや効果音、音声制作に従事。

・株式会社バンプレスト
 AM事業部 機器開発担当

■社会人その2
その後、ITベンチャー企業入社。
モバイルコンテンツの制作に従事。入社四年で当時の統括部署を分社。
ITベンチャー企業の子会社とする。代表として設立と全体統括に従事。
結婚し子供も生まれ、日々が充実。上記と平行で中国企業の代表兼任。

・株式会社インデックス(現:iXIT株式会社)
 日本・中国制作事業統括
⇒株式会社インデックス・イマジナック
 代表取締役社長
⇒厦門掌通信息科技有限公司(Xiamen Index)
 董事 副総経理

■治療・療養生活
持病の治療及び療養に専念する。

■世界一周旅行
療養を兼ねて地球をぐるっと一周。
ほとんど移動の一ヶ月弱。
詳細はカテゴリーにて。

■社会人その3
他のITベンチャー企業に所属。
経営企画や事業企画に従事。

・株式会社アイ・エム・ジェイ
 (現:アクセンチュア傘下)
 経営企画室 中国事業担当 シニアプロデューサー

■社会人その4
心機一転、株式会社を設立。

■社会人その5
現在、中国ビジネス支援会社勤務。
うさぎのごんたさん、ハリネズミのチャロとも出会う。

・SRB TECH コンサルティング株式会社
 パートナー 取締役副社長


~保有資格~
・平成8年3月 日本プロボクシングC級ライセンス取得
・平成9年9月 普通自動車第一種免許取得
・平成10年3月 小学校教員免許状取得
・平成28年10月 漢語水平考試2級(HSK)
・平成29年4月 漢語水平考試3級(HSK)

★★★連載情報★★★
WEB連載 「日中ビジネスの専門家が見たアフターコロナの中国」
↓記事はこちら↓(2020年4月~)
https://cocokara-next.com/tag/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%b2%b3%e5%bf%97/

★★★講演会情報★★★
(終了:5月14日(火)19:30開始:新宿:マイナビ社主催)
「あまり知られてない、中国ビジネス裏常識」
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/277

★★★講師の達人★★★
https://www.entatsu.com/lecturer/a_1023.html