なあ、悠詩

何度も書いたことがあるが本当にイライラする。
もちろん薬の副作用である。

ささいなことがいちいち気になる。
どうでもいいことなのにやり遂げないと気がすまない。
すぐ腹が立つ。
人やものにぶつかりたくなる。

悲しい、、、

とても心がせまくなってしまっている。
優しさあふれる(嘘)自分とは思えないほどだ。

でも、大丈夫。
そうであっても実際に人やものにはあたってない(はず)。
原因がわかっているのでうまくやり過ごすだけだ。
逃げもしないし否定もしない。
どううまく付き合うかだ。

抗ガン効果もあるきつい薬だ。
厳しいがそれだけ効くという事でもあるだろう。

先日、役所からこの病気の助成に関する書類が届いた。
難病扱いにもなるようで都道府県にもよるが補助が出る。
国民健康保険や政府管掌の保険でないとメリットはない。
保険組合の任意継続中の私にはメリットはなさそうだ。
そちらが独自に行っている給付の方が大きいからだ。
ただ、任意継続には期限がある。
その後のことも踏まえ使わずとも申請だけはしておこう。
申し込めるのは今のうちだけらしいので。

ふぅ、、、

シンプルにいこう。
なにごともシンプルに考えよう。
必要最低限でいいじゃない。
振り回されずに物事の本質に近づけるだろうし。

【小説「源平咲き」24,418文字(原稿用紙62枚目)執筆中】

from オトウサン
悠詩(0歳10ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事