なあ、悠詩

今日は夜の23時に夜行電車でパリを離れる。
逆にいえばそれまで時間がたっぷりある。

ホテルのチェックアウトぎりぎりまでゆっくり部屋で過ごした。
重たい荷物をフロントに預けて周囲を散歩する。

すぐ近くのオペラ座に向かった。
オペラ座といってもふたつある。
新しい方と古い方だ。
ここは古い方、すなわちオペラ座の怪人の舞台になった方だ。

快晴だ。
オペラ座の佇まいも夜とはまた違う。
中に入ってみる(昼間は見学可能)。

さすがに雰囲気がある。
中央の劇場に足を踏み入れる。
思わず頭の中になんちゃってオペラが湧き上がる。

オペラ歌手はここで歌えたらどんなに気持ちいいことだろう。
そんなことを考えるこちらも心地よい。

思わず?近くにあったオペララーメンを食した。

その後、デパートなどで時間を潰して荷物を取りにいく。
まだ六時間もあるが、駅に向かった。

ストライキの確認と乗車予定の列車に問題ないかすぐに聞く。
念の為、二ヶ所で。
WEBを見て、今日から通常運行らしいということは知っていた。
しかし、早めに直接確認したかったのだ。
万が一、ということがあれば早めに対処できるから。

全く問題なく運行するとのこと。よかった。

それにしても待ち時間が長い。
外は寒いし荷物も重たい。
結局、構内の三軒のカフェをはしごして時間をつぶしている。
本を読んだり、小説もどきに手をつけていると苦にならない。
これもまた旅だ。

通算すると四泊したパリともこれでお別れだ。
結構、のんびりできました。

20071126_277st_35.jpg

昼のオペラ座。

20071126_230st_35.jpg

劇場の中。

20071126_219st_35.jpg

天井の絵。シャガールらしい。

20071126_254st_35.jpg

豪華な待合ホール?

20071126_272st_35.jpg

オペララーメン。
味は普通だった。

【小説「源平咲き」111,843文字(原稿用紙280枚目)推敲中】

from オトウサン
-悠詩(1歳2ヶ月) with 父(33歳) and 母-

この記事を書いた人

最新のブログ記事