なあ、悠詩

トウサンはグアムは初めてだ。

サイパンは行ったことあるよ。
カアサンとふたりで行ったはじめての海外だ。

オマエサンを含めて三人での海外は今回初めてだ。
それがサイパンからかなり近いグアムというのも感慨深い。

当然、気候や雰囲気は似ている。
飛行機を降りた瞬間、もわっと生ぬるい感じは嫌いではない。

グアムに限ったことではないが、暖かい国に来ると気分がいい。

グアムは沖縄プラス一時間程度だ。
日本から近いが、十分、異国情緒、南国気分ともに味わえた。
思った以上に海は青く、景色も見ごたえがある。
それにあらゆる所で日本人と日本語が溢れている。
一人旅には物足りないかもしれないが、子連れには便利で安心だ。

オマエサン、かなりハッスルしたね。
開放感を全身で感じたことだろう。

空、海、緑、どれも広く奥行きがあって気持ちいいね。

広い部屋やホテルの中を思う存分、歩き回ったね。
プールや海でたくさん泳いだね。

記憶には残らないだろうが、心身に刻まれたはずさ。

PIC_0134st.jpg


ホテルの部屋のベランダから見たタモンビーチ。

PIC_0040st.jpg


ホテルの目の前のビーチ。
なかなか雰囲気がある。

CIMG0106st.jpg


ホテルのビーチで指差すオマエサン。

CIMG0089st.jpg


波をかぶってしかめっ面のオマエサン。
波が持ってきたその石が気になるの?

PIC_0058st.jpg


ホテルのプールでカアサンと泳ぐオマエサン。
楽しそうだね?

PIC_0131st.jpg


ホテルの部屋のベランダから見た風景。
鮮やかな青だ。

PIC_0110st.jpg


夕日になるとがらりと幻想的に。

【小説「源平咲き」127,723文字(原稿用紙320枚目)推敲中】

from オトウサン
—悠詩(1歳4ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人

最近のブログ記事