なあ、悠詩
大きくはないが、近所にはいろんな公園や神社がある。
毎日のように出かけてるよね、オマエサン。
暖かくなってきたから気持ちいいよね。
桜も綺麗だしね。
日付が前後するけど、写真で簡単に振り返ってみよう。
20080406hana03.jpg

ずいぶんと長いすべり台だね。
20080406hana04.jpg

狛犬に追いかけられると思ったの?
20080406hana05.jpg

それは食べられないよ。
20080406hana06.jpg

倒れてきたらぺっちゃんこだね、、、
20080406hana07.jpg

オマエサンにはまだこれくらいの長さで十分だね。
20080406hana08.jpg

水路が気になるの?
手は届かないみたいね。
20080406hana09.jpg

逃げているの?
オマエサン、何か悪さしたんじゃあないだろうね?
20080406hana14.jpg

何をお祈りしたのかな?
20080406hana10.jpg

目をあんぐり、口をあんぐり
同じ形だよ。
20080406hana11.jpg

この木のように大きくなあれ。
20080406hana12.jpg

どんどん散っていく桜。
散っていくからこそ美しいんだよ。
20080406hana13.jpg

いつもこの犬の置物が気になるよね。
動かないものには強気だよね、オマエサン。
20080406hana01.jpg

体操選手になりたいの?
20080406hana02.jpg

ずいぶん気持ちよさそうだね?
暖かくなってきたしね。
【小説「源平咲き」201,669文字(原稿用紙505枚目)推敲中】
↑4/1より文字数の数え方を変更(今後:空白込み / 以前:文字だけ)
from オトウサン
—悠詩(1歳6ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人