なあ、悠詩

自分にとってのBGMならぬBGVがある。

BGVとはバックグラウンドビデオの略のつもり。
特に真剣に見るわけでもなくただ流しっぱなしにしておくのだ。

・ネットをする時
・小説を書く時
・なにもせずにゴロゴロとする時

など特に状況は問わない。BGMと同じなのだから。
だいたいタイトルは決まっている。

・瑠璃の島(ドラマ)
・砂の器(ドラマ:平成版)
・世界の中心で、愛をさけぶ(ドラマ)
・白夜行(ドラマ)
・白い巨塔(ドラマ:平成版)
・NANA(映画)
・NANA2(映画)
・ツインピークス(海外ドラマ)
・銀河英雄伝説(アニメ)
・AIR(アニメ)
・AIR劇場版(アニメ)

最近はこんなところだ。その時の気分で選ぶ。

じっくりと見るわけではないので何話からでも関係ない。
中には不評なタイトルあるが、サントラが気に入っていれば問題ない。
かといってサントラだけだともの足りないのだ、、、

ちなみにBGVとしてでなく、今、新規で見ているのが下記のふたつ。

・あなただけ見えない(ドラマ)→高校生のときに一度見た
・ひぐらしのなく頃に(アニメ)

BGVも含め、もうちょっと明るいものを見たほうがよさそうだな。
趣味の音楽制作や小説も偏ってしまいそうだ。
それだけならまだいいが、人格までそうなってしまうのは勘弁だ。

もうそうなっているかもしれないかもしれないが、、、

【小説「源平咲き」203,814文字(原稿用紙510枚目)第二次推敲中】

from オトウサン
—悠詩(1歳7ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事