なあ、悠詩

昨年から書いている小説の公募のターゲットを決めた。

「第4回日本○○ストーリー大賞」
・2008年7月31日(当日消印有効)厳守
・応募枚数は400字原稿用紙換算で200枚~600枚

時期的にタイミングが合うのと500枚以上もOKとなるとこれしかない。
ストーリーの中に恋愛の要素があれば評価対象になるとのこと。
過去の受賞作もベタな恋愛物ではないらしく、それならばとこれに決定。
一応、宝島社から書籍化された昨年の大賞作品を購入してみた。

ただ、現在、第二次推敲の進捗が約25%だから急がないと厳しいかも。
もう二、三回推敲しないといけないだろうから。

集中できるのは子供が寝てから数時間なので思ったほど余裕はない。
できれば誕生日までに仕上げたい。

さあ、なんとか形にしよう。

【小説「源平咲き」203,814文字(原稿用紙510枚目)第二次推敲中】

from オトウサン
—悠詩(1歳8ヶ月) with 父(33歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事