「創作と才能」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

なあ、悠詩

小説(のようなもの)を書いてよくわかった。

文才はないと。

それはこのブログの文章レベルからも明らかである。
だけどこの療養期間の良い思い出になったよ。

音楽もそうだ。
これもまた才能はないのだろう。

自分より優れている人が無数にいることを思い知った。
だけど幸いにもこれまで仕事として没頭することができた。

最初は作り手として、次にそれを支える立場として。
脚光を浴びることのない裏方的な作品ばかりだったけど。

それでも楽しかったよ。

才能はなくとも楽しむことはできる。
それを最近、ようやく知った気がする。

これまでは受け入れられなければ駄目だと思っていた。
創ることは楽しいが苦しい。

それは子を産み、育むことと同じなのかもしれない。
最終的には救われるし、笑顔になれるのだ。

だからこれからも創ることは続けていきたいと思う。
身の丈に合う範囲で、あまり求めすぎないように。

理想よりも現実を愛そう。
結果的に理想に近づけば、感謝しよう。

from オトウサン
—悠詩(1歳10ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

ymmttks02@yahoo.co.jp