なあ、悠詩
先週の金曜日の夜のこと。
隣で寝ていたオマエサンいきなり咳き込み、嘔吐した。
嘔吐するなど初めてのことだった。
苦しそうにむせび泣くオマエサン。
可哀想に。
翌日土曜日、朝目覚めると今度はお鼻がぐちゅぐちゅに。
どうら風邪を引いてしまったようだ。
お昼に病院に行ってお薬をもらったね。
オマエサンは風邪を引いても基本的にはいつも元気いっぱい。
鼻水を垂らしながら遊んでくれと全身を使ってアピールしてくる。
そして鼻水がトウサンやカアサンの服にべったりつく、、、
不思議なもんだ。
便も嘔吐物も鼻水もよだれも、そんなに汚いとは思わない。
いや、やっぱり汚いのだが、自分が発したものに近い感覚なのだ。
これが我が子ということなのだろう。うん、理屈じゃないよね。
納得。
だから、家族三人で支え合って生きていきましょう。
基本は穏やかに、時には力強く。
なあ、オマエサン。
早く良くなってたくさん外で遊ぼうね。
2009-02-14No(002)st.jpg
相変わらずキャップをアソコに被せるのが好きなオマエサン。
風邪を引いて安静にしているとは思えないね。たくましいけど。
2009-02-15No(006)st.jpg
日曜日に撮影。
また時は流れゆく。
2009-02-15No(008)st.jpg
日曜日の昼食。具沢山。具だけでおなかいっぱい。
麺もスープも半分は残したかな。
from オトウサン
—悠詩(2歳5ヶ月) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事