なあ、悠詩
暖かいほうが好き。
まあ、誰でもそうだろうが。
色々とありすぎたこの一年もあと二ヶ月。
これまでと違った意味で色んなことが有りすぎて、いつも気が抜けない。
いくら横になっても、たくさん眠っても、疲れが抜けない感じ。
オマエサンとカアサンに支えられている。
人はひとりでは生きられない。
奇麗事ではなく、それを実感している。
昔から風邪も引きやすい苦手な季節だ。
だが、それは春の序章と思いたいものだ。
2009-11-03No(086)st.jpg
オマエサンの大好きなアンモナイト。
「あもないとは、貝」と、何度も何度も教えてくれる。
ありがとう。オマエサン。楽しいよ。
from オトウサン
—悠詩(3歳) with 父(35歳) and 母—

この記事を書いた人

最近のブログ記事