「ふたつの大きな区切り」・:*:・゚☆ すくすく育つ君へ

なあ、悠詩

大きな区切りとなった7月の終わりとなった。

・9月からの社会復帰先の確定
・予定通り公募に小説提出

この数日でこのふたつをまとめて終えることができた。
嬉しいという感じではなく、安心した。

社会復帰については、最終的には二択となった。

どちらともこれまでの業界とは異なる。
さらにそのふたつもそれぞれ業界が大きく異なる。

最終的にその片方に決めたのだが、今日、もう片方から熱烈な
ラブコールを頂き、少しだけ揺れた。

当初と違って、条件もそちらの方が上回ってしまった。
それでも当初の選択を変えないことにした。

これまでと違って、遣り甲斐だけで決めることはもうしない。
そういう意味では私は変わったのだ。

だが、大切なものはしっかりと胸の中にある。きっと大丈夫。

さようなら、エンターテイメント。
さようなら、IT。

今月、紹介会社含め、様々な企業と話をした。
求人ベースではなく、ざっくばらんに可能性を探ってくださる所も多々あった。
治療による長期ブランク明けの人間にも関わらず、ありがたいことだった。

また、自分がこれまで何をしてきたかを考えさせられる機会で
あり、あらためて未熟さを痛感した。

これからはもう今までとは違うのだ。ひとりからのスタート。
これまでは流れに後押しされ、信頼できる多くの仲間や社外の人たちに支えられてやってきたに過ぎない。
だからそれを実力と勘違いすべきではないのだ。

やってきたことに誇りは持っているが、固執せずに封印しよう。
そう、出直しだ。

小説は、自己満足には程遠い結果となった。
今月に入ってからは内容の充実より提出することを優先させた。

まったく満足してないが、提出によって一旦区切りをつけることは出来た。
無理矢理だが形になったということだ。

またひとつ、創るということに関して人生の思い出が増えた。
ただ、しばらく見返す気はしない。

内容、文章ともに粗だらけなのがわかりきっているからだ。
予定通り一次選考で落選したら、気持ちを切り替え、またブラッシュアップして別の公募に提出してもいいかと思っている。

今月は暑い中、社会復帰活動と小説の追い込みで気分に余裕がなく、この手紙を書くこともあまりなかった。

だけど、徐々に以前のペースに戻していきたい。
今度は絵を描きたいかな。

創るということは、私にとって音楽でも小説でも絵でも変わりない。
これからも堂々?と創る趣味を謳歌したいと思う。

さあ、明日から始まる8月、また新たに歩んでいこう。

オマエサンともいっぱい遊ぼう。

【小説「源平咲き」185,600文字(原稿用紙464枚)提出済み】
from オトウサン
—悠詩(1歳10ヶ月) with 父(34歳) and 母—

プロフィール(概要)
山本 岳志(ヤマモト タケシ)
【フルverのプロフィールはサイト上部より(スマホは下部)】

■男性 ■A型 ■1974年 ■勤め人
■東京都在住 ■山口県生まれ・島根県育ち
■家族 :妻と子(オマエサン)兎(ごんた)ハリネズミ(チャロ)
■趣味 :自己満足の小説執筆

■学校生活
もっぱらスポーツ少年だった。
小学校はずっと剣道。中学校は陸上(短距離)。高校はボクシング(一年半ほど)。

・1987年3月 山口県 下松市立
 中村小学校 卒業
・1987年4月 山口県 下松市立
 末武中学校 入学
 (中学二年次に島根県へ引っ越し)
・1990年3月 島根県 美保関町立
 北中学校(現:松江市立美保関中学校)卒業
・1993年3月 島根県 島根県立
 松江東高等学校 卒業

■学生生活
教員を志して上京。大学へ入学。
三年次、ボクシングでプロになる。戦績はこの一戦のみ(一応、勝ち)。
パソコンを使った音楽制作を開始。バンドも楽器も不要なことに感動。
小学校教員免許を取得して卒業。

・1998年3月 埼玉大学 教育学部
 小学校教員養成課程 教育学専修 卒業

■社会人その1
音楽制作が高じ、ゲーム会社入社。BGMや効果音、音声制作に従事。

・株式会社バンプレスト
 AM事業部 機器開発担当

■社会人その2
その後、ITベンチャー企業入社。
モバイルコンテンツの制作に従事。入社四年で当時の統括部署を分社。
ITベンチャー企業の子会社とする。代表として設立と全体統括に従事。
結婚し子供も生まれ、日々が充実。上記と平行で中国企業の代表兼任。

・株式会社インデックス(現:iXIT株式会社)
 日本・中国制作事業統括
⇒株式会社インデックス・イマジナック
 代表取締役社長
⇒厦門掌通信息科技有限公司(Xiamen Index)
 董事 副総経理

■治療・療養生活
持病の治療及び療養に専念する。

■世界一周旅行
療養を兼ねて地球をぐるっと一周。
ほとんど移動の一ヶ月弱。
詳細はカテゴリーにて。

■社会人その3
他のITベンチャー企業に所属。
経営企画や事業企画に従事。

・株式会社アイ・エム・ジェイ
 (現:アクセンチュア傘下)
 経営企画室 中国事業担当 シニアプロデューサー

■社会人その4
心機一転、株式会社を設立。

■社会人その5
現在、中国ビジネス支援会社勤務。
うさぎのごんたさん、ハリネズミのチャロとも出会う。

・SRB TECH コンサルティング株式会社
 パートナー 取締役副社長


~保有資格~
・平成8年3月 日本プロボクシングC級ライセンス取得
・平成9年9月 普通自動車第一種免許取得
・平成10年3月 小学校教員免許状取得
・平成28年10月 漢語水平考試2級(HSK)
・平成29年4月 漢語水平考試3級(HSK)

★★★連載情報★★★
WEB連載 「日中ビジネスの専門家が見たアフターコロナの中国」
↓記事はこちら↓(2020年4月~)
https://cocokara-next.com/tag/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%b2%b3%e5%bf%97/

★★★講演会情報★★★
(終了:5月14日(火)19:30開始:新宿:マイナビ社主催)
「あまり知られてない、中国ビジネス裏常識」
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/277

★★★講師の達人★★★
https://www.entatsu.com/lecturer/a_1023.html