なあ、悠詩
社会復帰してから半月が過ぎた。
体はだいぶ慣れてきた。
最初の週はどうなることかと思ったが一安心だ。
業界と会社が変わると色々と違うものだ。
それがだんだん見えてきた。
適応することは大事だ。
だけど敢えて適応しないほうが良い部分もある。
ある意味、それが役割なのだろう。
すれ違ったり誤解されることも多々あるだろう。
でも大丈夫。
自分にとって何が大切か以前と違ってはっきりしている。
すべては目の前でなく心の内側にある。
だからいつだって穏やかに謙虚に歩んでいこう。
話は変わる。
一昨日、西岡利晃が世界チャンピョンになった。
昔はスカした感じがしてあまり好きではなかった。
だけど勝ってむせび泣く姿に彼の孤独と苦悩を垣間見た。
実に五度目の挑戦、よくも腐らず続けたものだ。
最初に挑戦してから実に八年が過ぎ、もう32歳だ。
ピークは過ぎ、以前ほどキレはなかった(気がする)。
だけどこれまでで一番気持ちが伝わってきた試合だった。
大人になったんだね。
そしてよく頑張ったね。
2008-09-17No(002)st.jpg
お昼に食べたマーボー定食。
職場周辺の店を日々開拓中。
from オトウサン
—悠詩(2歳) with 父(34歳) and 母—

この記事を書いた人

最新のブログ記事